事業案内

ホーム > 事業案内 > 製品案内 > 両面プリント配線板
印刷する

製品案内

両面プリント配線板

両面に導体パターンを形成し、メッキスルホールで表裏の回路を接続したプリント配線基板。
両面プリント配線板は絶縁体の両面に導体層(銅箔)を塗り、両面の導体層をエッチングで溶解して回路を形成したプリント配線板です。密度の高い配線を施すために両面の回路を接続しなければなりませんが、導電性ペーストで接続する方法と、メッキで接続する方法があります。

導電性ペーストで接続する方法は、両面プリント配線板の接続する部分にパンチやドリルで穴を開け、ここに導電性ペーストを充填して表裏を接続します。メッキで接続する方法はメッキスルホール法といい、両面プリント配線板では最も普及しています。穴の内側にメッキをして、表裏のパターンと一体で形成する方法です。

絶縁体はメッキを施すため紙基材は不適当で、ほとんどがガラス布またはガラス不繊布を用います。用途はOA機器、デジタル家電、PC周辺機器、ゲーム機器、白物家電、車載電子機器、自販機など広い用途で使われています。

事業案内
プリント基板用語集
スタッフブログ
Photo Gallary
社長美術館

採用情報携帯サイト

携帯サイトへのアクセスはこちら。
URLを携帯に送信

http://www.s-asahi.co.jp/mobile

このページのトップへ戻る