環境への取り組み

ホーム > 環境への取り組み > 環境基本方針
印刷する

環境基本方針


ISO14001取得

育ててもらったこの地を愛し、守る...。
私たちの生産拠点は、自然に恵まれた美しい地域にあります。
琵琶湖をはじめとする身近な自然を守ることが、地球全体の環境にもやさしいことなのだと考え、私たちは、この美しい風景を次世代にそのまま受け渡すために、日々努力しています。

スローガン「地球環境との共存を図り、地域社会に貢献する」

基本理念

新旭電子工業株式会社は、
“炎える情熱と素直な心をもって、人の困難とする仕事及び技術に敢えて挑戦し、
それの解決を喜びとする人達の集まりで、能力主義、人格主義をモットーとし社会に奉仕する。”
という社是のもとに、全社員の創意によるあらゆる組織活動の面で、地球環境の保全に配慮し行動します。

基本方針

  1. プリント配線板の製造活動、製品及びサービスが地球環境及び琵琶湖に与える影響を的確に捉え、関連する環境法規及び当社が同意するその他の要求事項を遵守し、自主基準を設定し、環境への汚染の予防に努めます。
  2. 環境内部監査、経営者見直しを実施し、環境マネジメントシステムの改善に継続的に取り組みます。
  3. 環境に著しい影響を与える可能性のある項目に関しての継続的な低減活動を積極的に取り組み、中期(3年)、短期(1年)の環境目的・目標を設定し、見直します。次の項目を重要実施項目として取り組みます。
    • (1) プリント配線板の製造に使用する電気エネルギーの効率を向上し、省エネルギー化を進め、
      CO2の発生を抑制し、地球温暖化の防止に努めます。
    • (2) 再資源化を進め、廃棄物の削減に努めます。
    • (3) 水使用の効率化により、地下水の使用量の削減に努めます。
    • (4) 河川放流水量の削減により、下流・琵琶湖に対する環境影響の低減に努めます。
    • (5) グリーン調達を推進し、プリント配線板の製造資材に関する環境負荷削減に進めます。
  4. 地域社会の一員として、周辺地域とのコミュニケーションを図り、環境保全活動に積極的に取り組みます。
  5. 環境改善を実施し維持するため環境教育・訓練を全従業員に実施し、本方針の理解と環境への意識向上を図ります。

環境マネジメント

イオン交換リサイクルシステム

イオン交換リサイクルシステム
イオン交換によって水を純水に変えて各工程に再利用。専任者によって24時間サポートされた万全のシステムです。

淡海エコフォスター活動参加
淡海エコフォスター制度とは、公共的場所の美化および保全のため、県民、事業者等が当該場所を愛情と責任を持ってボランティアで美化清掃し、環境美化に対する県民等の意識の高揚を図るとともに、ごみの散乱を防止し、県民等と行政が一体となった地域活動を推進することを目的とする制度です。

事業案内
プリント基板用語集
スタッフブログ
Photo Gallery
社長美術館

採用情報携帯サイト

携帯サイトへのアクセスはこちら。
URLを携帯に送信

http://www.s-asahi.co.jp/mobile

このページのトップへ戻る