プリント基板用語集

ホーム > プリント基板用語集 > ま行
印刷する

ま行

無極性部品

直流回路において、極性を考慮せずに接続できる部品。

マニュアル設計

パターン設計の各プロセスを人手による作業を基本とした設計方法。

マイクロストリップ

絶緑層の一方に信号ラインの導体、反対面にグラウンドの電位のグラウンド層、電源層をもつ伝送線路。特性インピーダンスを制御する場合に用いられる。

めっきレジスト

めっきを必要としない部分に用いるレジスト。

めっきスルーホール

貫通接続を行うために、壁面に金属を析出させた穴。 【備考】
略してPTHと使われる場合がある。

ムービングプローブ検査機

テストプローブを機械的に移動させながら布線検査を行う検査機。フライングプローブ検査機ともいう。

ミシン目加工

部品実装、はんだ付けなどを終えた後、分割できるようにプリント配線板に連続的に設けた(ミシン目状の)穴。 【備考】
Vカットと同じ目的に使用する。

マスク

→レジスト

マスラミネーション

あらかじめ作られた導体パターンをもつ内層パネルの上下を、それぞれプリプレグと銅はくで挟んで、多数枚を同時に積層する多層プリント配線板の大量生産技術。

マザボード、ドーターボード

複数のプリント回路版を取り付け、かつ、接続できるように用意されたプリント配線板。ドータボードはマザーボードに搭載されているプリント板。【備考】
バックパネル、バックプレーンといわれるものが含まれる。

マーキング(シンボルマーク)

組立及び補修に便利なように、文字、番号、記号、部品位置、形状などをプリント配線板上に表示したもの。

マイクロセクション

プリント配線板の内部を、顕微鏡で観察するため、切断などによって試料を用意すること。

無電解めっき

金属又は非金属の表面に、電流を使わずに金属を科学的に還元析出させる表面処理、及び析出した金属。科学めっきともいう。

※社団法人日本電子回路工業会様 発行「ぷりんとばんじゅく」「ぷりんとばんじゅくⅡ」より抜粋

プリント基板用語集
プリント基板用語集
スタッフブログ
Photo Gallary

採用情報携帯サイト

携帯サイトへのアクセスはこちら。
URLを携帯に送信

http://www.s-asahi.co.jp/mobile

このページのトップへ戻る